上野の1人暮らしに花を添えてくれた、国際色豊かな3人の男性たち

私は、東京の4つの街で1人暮らしを経験しました。

最後の生活を送ったのが、台東区上野。

上野での生活は、寝る間を惜しんでバイトに行き、そして遊んだ日々でした。

そんな上野を離れて5年。

今なお色濃く残る、たくさんの出会いがありました。

それぞれ事情を持って日本にやってきた彼ら。

上野に住んでいなかったら、出会っていない彼ら。

彼らは今、どこで何をしているのでしょう。。。

Fromケニア@湯島

ケニア出身のKと出会ったのは、アメリカ出身の、自称「靴のデザイナー」が経営する、BARとクラブの中間のようなお店。

御徒町から湯島に入ってすぐの路地、ビルの地下にありました。

朝まで営業しており、何度もその店で酔い潰れましたが、自宅までは自転車で5分。

いつも最後の力を振り絞り、不忍池を早朝ランニングする人とすれ違いながら、帰宅していました。

女性の店員がいた中で、唯一男性の店員で新しく入ったのが、Kでした。

Kに出会った日、どうして日本に来たのか聞いてみると、陸上の選手だというのです。

ケニアで出会った日本人に、日本の実業団に入れと誘われて来たけど、来たばかりだからバイトをしているとのこと。

その後、1週間程経ってお店に行くと、Kはもうお店に居ませんでした。

突然来なくなってしまったらしく、オーナーも全く連絡が取れないとのこと。

私も連絡しましたが、やはり繋がらず、Kとはたった一度会って話しただけでした。

後から思うと、陸上選手という話も本当だったのか嘘だったのか。

でも、夢追い人の憧れの都市、東京。

彼の話が本当で、陸上選手としてどこかで活躍していて欲しいなぁ。。。と思います。

嘘のような真実も、真実のような嘘も。

両方が溢れている、それが東京。

どちらを信じるかは、自分次第です。

ところであのお店、今でもあるのかなぁ。。。

From中国@上野駅

Jとは安い恋愛小説のような出会いでした。

上野駅で、絵に描いたようにキョロキョロと道に迷っていたJに声をかけ、仕事の面接があると言う、仲町通りのお店まで案内することに。

連絡先を交換して、後日食事した時に、日本に来た理由などを詳しく聞きました。

Jは中国で、日本から来た留学生の女の子と付き合っていたそうです。

最初は彼女に、「中国の男性が大好き!」だと猛アタックされたそうですが、そのうちJの方が彼女に夢中になっていたとか。

彼女の留学期間が終わると同時に、一緒に日本に来て同棲していたらしいのですが、1ヶ月も経たないうちに彼女は他の中国人と浮気をして、別れることになったというのです。

日本語は彼女のおかげでペラペラでも、読み書きは全くできないとのことでした。

Jは「日本に行くなら帰ってくるな!」と言う、親の反対を押し切って日本に来たらしく、今更帰れないし、仕事も見つけなければいけないと、頭を抱えていました。

その後、しばらくしてJは浅草の中国料理のお店に無事就職。

お互い都合のいい時に会う関係になり、時折Jの働くお店に、食事しに行ったりもしていましたが、だんだんと疎遠になり、いつの間にか会わなくなっていました。

彼は今でも日本で頑張っているのでしょうか。

広い東京の空の下、新しい愛を見つけていて欲しいものです。

Fromフランス@末広町

秋葉原と上野の中間にある末広町。

そこで、買い物の帰りにすれ違ったのが、フランス人の彼でした。

「タイプだから声をかけたんだ」と、とても爽やかに英語で声をかけて来た彼。

フランスの人と話すのは初めてだったので、私も興味を持ちました。

上野公園まで一緒に歩こうと言う話になり、私は自転車を押し、20分ほど歩きながら話をしました。

家族で日本に観光にきていて、1ヶ月ほど滞在するとのこと。

上野公園についてからも、ベンチに座り色んな話をしたんですが、だんだんと話がおかしな方向に。

日本とフランスどっちに住みたい?とか、子供は何人欲しい?とか。。。

私も英語が得意なわけではないので、勘違いしてるのか?と何度も思いましたが、確実に話は結婚前提の内容(笑)

なんだか訳のわからないまま、その日は別れ、2、3日後にまた上野公園で待ち合わせ、食事に行く約束をしました。

そして当日、待ち合わせの場所に行くと。。。彼はちゃんと待っていました。

でも、浮かない顔の彼に、どうしたのか尋ねてみると、お母さんの具合が悪くなり、2、3日中にフランスに帰国しなければいけないことことでした。

正直、胡散臭いと思いました(笑)

そして彼は続けました。

「でも、君のことを母に話したらとても喜んでいたよ、結婚式は日本とフランスの両方でしよう」

「もし君が希望するなら、君のママもフランスで一緒に暮らそう!」

今思えば、私はどんな顔をして聞いていたのだろうと思います(笑)

でも、彼の真剣そのものの顔に、なんだか突っ込むこともできませんでした。

そして、帰国したら連絡すると、アドレスを交換して、彼は去って行きました。

母の具合を見て、フランスへの航空券を送ると言って。。。

何日かして、彼からメールが届きました。

「今、父の持っているビルを自分が引き継ぐのに忙しいから、落ち着いたらチケットを送るよ、愛してるよ」と。

友達に笑い話で話すと、

「でも、これがマジの話だったらどうする?外国人って情熱的だからありえるかもよ!とりあえず、情報なさすぎるから、手紙送るとかなんか言って、住所でも聞いてみたら?」

ってな話になり、住所を教えてと、メールを送りました。

そして。

それ以降彼から連絡は来なくなりました(笑)

本当に、今思い出しても人生で一番訳のわからない出来事でした。。。

彼は詐欺師で、この後にはシナリオがあったのか?

もしくは、まさかの本気だったのか?

住所を聞かなかったら、今頃私はフランスの空の下、、、いや、ないない(笑)

お気づきかもしれませんが、もう名前さえ覚えておりません。。。

でも、不思議な出来事でしたが、少しも嫌な気分にはならなかったし、彼を悪い人間だとはどうしても思えませんでした。

彼と過ごした、たった2日の数時間は、私の恋愛経験に入れてしまいそうになる程、楽しい時間でした。

また、日本に遊びに来てくれることがあるといいなぁ。

肌に合う街、上野

1人暮らしをした8年間で、一番長くいたのが上野でした。

間違いなく、私は人生で一番濃厚な時をこの街で過ごしました。

ここには書ききれない、たくさんの出会いと別れ。

酸いも甘いも、たくさん経験した場所です。

一人暮らしは、いやでも自分と向き合う時間が長くなる生活。

「住めば都」と言いますが、肌に合う場所がそれぞれ違うはずです。

私には、上野がとても肌に合っていました。

肌に合う場所で自分と向き合う生活は、人生を豊かにし、大きく自分を成長させてくれることでしょう。

その時に出会う人は、その時の自分にとって、何かを教えてくれる必要な人です。

それがどんな人であっても、どんな些細な出会いであっても。

皆さんも東京の肌に合う街を見つけ、自分とゆっくり向き合って見てください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする