お台場勤務1人暮らしサラリーマンの1日はどんな感じなの?

東京で1人暮らしをすると、馴染みのある街が少しずつ増えていきます。

今まで全く行くことのなかった街に頻繁に行くきっかけになるのは、通勤や通学なのではないでしょうか。

テレビでしか見ることのなかった街が突然自分の通う街になる。

東京で1人暮らしをすると特にこの現象がよく起きる気がします。

さて、僕は仕事柄短期で勤務地が変わることが多く、色んな所が勤務地に変わる生活を送っています。

そんなある日、お台場勤務を言い渡されました・・!

  • お台場・・?
  • フジテレビ・・?
  • 観覧車・・?

お台場に僕みたいなサラリーマンが働くところがあったのか・・!

地方から出てきてまさかお台場で働くことになるとは思っていませんでした。

今回はお台場で働くサラリーマンがどんな生活をしているのか紹介します。

朝はモノレールに乗って出勤

東京で通勤って言うと電車をイメージすると思うのですが、お台場に行くときは電車以外にもモノレールにも乗って出勤します。

遠ざかってい都心のビル群を見ながら、今日も1日が始まったなぁと実感。

レインボーブリッジで東京湾を越えるとお台場につきます。

そこから会社に向かいます。

昼はショッピングモールで食べる

男性の独身の1人暮らしだとなかなかお昼を用意するのが面倒だったりします。

僕が働いてる会社には社食はありません。

となると、外に食べに行くかコンビニでお昼を済ますかどっちか・・。

毎日コンビニ弁当だと味気ないので、週に2回くらいはお昼を食べに出かけます。

お台場でお昼を食べるとなると向かう先は・・!

そう!ショッピングモールです!

・・と言うかショッピングモール以外にご飯を食べるところはほとんどありません。

(夜に行く居酒屋も全てショッピングモールの中にだったり)

平日のお昼のショッピングモールは近所で働くサラリーマンがたくさんいて意外と賑わってたりします。

ショッピングモールの中のご飯屋さんに行くことになるので、味や見栄えはばっちり!

少し値段が高めなのが玉に瑕ですね・・。

仕事終わりにライブ参戦!予定のない日は海辺を散歩!

仕事が終わりいよいよ自由な時間!

真っ直ぐ家に変える日もありますが、仕事場から目と鼻の先のZepp DiverCityでのライブや、東京ビッグサイトのイベントに行くことも!

東京に住んでいるんだったらイベントやライブにはたくさん行きたい!

ライブ会場もイベント会場も近くにあるので、アフターファイブの充実度は半端ないです!

仕事終わってからわざわざ電車で移動したり、ライブに行くための早退なんて不要!

さすが東京!さすがお台場!

ライブやイベントの予定がない日は海辺を散歩することもあります。

お台場海浜公園から見る夜景はめちゃめちゃ綺麗ですよ!

ライトアップされたレインボーブリッジや都心部の明かりを好きなだけ見ることができます。

せっかく東京にいるならイベントを楽しもう!

以上が僕のお台場での1日の過ごし方です。

お台場に限らず、東京で暮らしているとイベントがたくさんあって本当に毎日楽しいです!

しかもそのイベントに気軽に行けるのが最高ですね!

コロナウイルスで1時期はイベントやライブはほとんどなくなりました・・。

しかし、最近は少しづつですが、イベントやライブが戻ってきて楽しい日々に戻りつつあります。

毎日がお祭りみたいだった日々が早く戻ってきてくれること切に祈ってます。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする